We ship worldwide. Official Store

Leather wallet & bag REDMOON,PAILOT RIVER,early HOLLYWOOD

友だち追加

If you would like to see the product please visit the RMTP store

レッドムーン/REDMOON レザーブレスレット RM-WBAL

4,500 JPY
Price in points: 4500 points
RM-WBAL
In stock
+
  • Pinterest

RM-WBAL

ミニコンチョがワンポイントのレッドムーンレザーブレスレット

本体中央にミニコンチョがワンポイントのベルト調レザーブブレスレット。
オリジナルリベットを使うなど細部にも拘った逸品です。
二連風に着用可能なのも、ポイントが高く、こちらのレザーブレスレット1つでコーディネートの幅が広がります。

細めのレザーブレスレットなので、どんな服装にも合わせることが可能となっています。
手元のオシャレに欠かせないユニセックスでお使い頂けます。
ベルト調で長さの調節も可能ですので、カップルやお友達などお揃いで着用することもできます。

12mmのREDMOONネイティブアメリカンコンチョを採用してます。
手元にチラリと輝くミニコンチョは主張はしすぎず、シンプルで手元に馴染むレザーブレスレットに仕上げています。

RM-WBAL RM-WBAL RM-WBAL RM-WBAL
RM-WBAL RM-WBAL RM-WBAL RM-WBAL

SHOP CONCEPT


レッドムーンは1993年、創始者 後藤惠一郎が生み出した 「進化するベーシック」を基本コンセプトとしたレザーファッションブランドです。 それまでファッションの脇役でしかなかった財布を「レザーウォレット」の名で世の中に認知させ、主役の座にまで押し上げた先駆者でもあるのです。
このレッドムーンブランド製品のレザー小物製品の多くが職人の手によってハンドメイドにて製作されており、その代表作である「HR-01」は創業から現在までレザーウォレットの頂点として不動の位置を確立しています。


 

 


レザー製品を生み出す、一流の職人集団


SHOP CONCEPT

REDMOONブランドオーナー 後藤惠一郎氏が始めた「レッドムーン」。レザークラフト界ならず、ファッション界にも多大な影響を与えるこのブランドは1993年に始まりました。そのブランドオーナーが認め、熟練のレザービルダーを多数擁しているのがレッドムーンブランド製作工房になります。

今や国内屈指となったレザーブランド「レッドムーン」。その皮革製品は熟練職人の技術で製作されています。

職人達は、ブランドオーナー後藤惠一郎氏に認められた上で、皮革製品を製作しています。また、独自の製法と生産システムにより「モノ」を造れる「人創り」と、創り出された「職人(しょくじん)」によるモノ造りによって「進化するベーシック」論をムーブメント化した国内唯一の「ビルダー群」です。 この世でもっとも古く、魅力的で難しい素材「革」を専用の革切りで裁ち切り、刻み、古くは40年前の足踏み型ビンテージミシンで組み、縫いあげます。作業の全工程を一人の職人が責任をもって完成させる事を鉄則とする「プロビルダー」としての掟があるのです。

通常の工場とは一線を博しており、流れ作業などは一切行いません。一人の職人が革の裁断から、縫製、仕上げ、その上梱包まで一貫して責任を持って行うのです。それは、商品にも如実に表れています。

また、単なる工房ではありません。職人が商品のデザインまで行うのです。通常の鞄や財布を作っている工場であればデザイナーを擁しており、デザインする人間と製作する職人は異なります。ですが、革を熟知した職人自らがデザインを行うのです。これもレッドムーンブランド皮革製品の魅力となっているのです。

ここではこれまでに構築してきた独自のシステムとモノ造りへの情熱をもって正直に革と向き合い、手を使い、目を見張り、温もりあるハンドメイドにて人から人へと伝えているのです。


技術 口伝継承


img

製作工房には生産に関する生産におけるマニュアルは一切ございません。カリキュラムもないのです。その技術は師から盗用するのが基本であり、技術は口伝継承によって師から弟子へと伝わっています。これは ブランドオーナー 後藤惠一郎氏の経験に基づいています。後藤氏は当時20歳、アメリカへ渡り西部地区の アリゾナ州を訪れた時、革細工をしているネイティブアメリカンの人々に出会っいました。

興味を持ち製作風景を1日中眺めていた後藤氏はそのうちの一人に技術を教えてくれない かと懇願するが知り相手もない外国人にやすやすと教えられる技術ではない為、あっさり と断られてしまいます。それでも諦めきれず毎日通い、自分の目にその技術を焼付け盗用・体得した のです。その後、技術に改良を重ね、技術にまで昇華させました。 これが今も源流として残っており、これに習ってマニュアルやカリキュラムを設けていないのです。一見非効率に思われるこの「口伝継承」、高い技術を維持する為にも不可欠な方法で、これが製作工房の高い技術今も支えているのです。


技術 裁断



クオリティの秘密。それは裁断と縫製に隠されています。
それは手作業であること。ただそれだけなのです。しかしその 手作業には、さらなる“秘密”が隠されています。それが“革切り”“ペダル式ミシン”。
古くなったベルトを想像してください。裁断面はふくらみそこから痛みはじめます。 しかしこのブランドの皮革製品にはそれがないのです。なぜなら、カッターではなく、 革切りという“潰し切る”道具で革を切っている為です。この潰すという意味が“剥離”を防いでいるのです。

この道具は通称"皮切り"と呼ばれている道具で、一般人であればただまっすぐ切ることも難しいぐらい熟練を要する道具になります。ましてや曲線を切りあげることなど至難の業。しかし、高い技術を有する職人たちはこの作業を見事にこなし、製品を造りあげているのです。


技術 縫製


img

製作工房ではすべてペダル式ミシンを使用しています。古いものだと40年前のビンテージミシンまであるのです。これは革の部位ごとの「強度差」を職人が身体で感じるためなのです。「強度差」を無視して高い トルクで強引に縫ってしまうと革が裂ける原因になってしまいます。その様に無理な縫製を しない為、革の持っている「素性」に合わせて必要最低限のトルクで縫うことが必要なのです。よくヴィンテージのテイストのために、古いミシンを使うアパレルメーカーがあります。あくまで演出のためにです。ですがここでは違います。革を大切にするために、 革のクオリティを最大に保つために使われるのです。

また、皮革製品を縫い合わせる際、接着剤は使用しません。つまり、完全に張り合わせない、ということです。これにより、革と革はある程度自由に動くことができるのです。外部から応力が加わった場合、完全に張り合わせてしまいますと、その部分が避けてしまいますが、このブランドの皮革製品の場合は糸が切れるだけで済むのです。これにより修理を行うことで永年使用に耐えうる製品を作り上げているのです。

また、一部製品は「手縫い」にて縫製されています。手縫いとはその名の通り、手を使い、針と糸で縫製する技術をさします。革は布帛と違い、堅固な素材ですので針が通りません。そのため、縫製する前に専用の道具を使い、革に穴をあけてから縫製します。その為、時間と手間がかります。

ミシンによる縫製と手縫い。どちらかが優れているということではございません。商品の特性に合わせ、最適な縫製方法にて商品を縫いあげているのです。


技術 仕上げ


img

仕上げも非常に手間のかかる作業です。どのような作業かと言うと、革と革を裁断し、縫い合わせた面を専用の道具と糊で磨くのです。これは根気のいる作業で、すべての面を磨くのには手間暇を要します。

※商品の特性により、この作業をあえて行わない商品もあります。

普通、皮革職人というと年配の方を想像すると思いますが、ここの職人たちは 皆一概に若い。現在の年齢層は20~35歳程です。何故でしょうか。それは巷のブランドと違い、メンバーは皆職人であるとともにデザイナーなのです。 これによって機能と見た目という相反するファクターを持つものの融合をも実現しているのです。
今日も製作工房ではクリエイティブな感性を持った若きレザービルダーが 日々精進しています。


技術 修理


img

製品の修理は商品製作よりも遥かに高度な熟練した技が求められる作業です。
それは、使用し、変形・摩耗した商品を丁寧に分解し、前と同じ針穴に糸を通す卓越した技術と根気がなければできない作業だからです。
修理の作業は一つの製品を一から製作するよりも手間と時間がかかるものも稀ではありません。

巷にあふれる『贋物』は作って販売したら終わりです。何故なら技術がない上にコストが莫大にかかるからです。

ですがあえてそうはしません。
レッドムーンブランド皮革製品は熟練した職人によって修理も行われています。


REDMOON

Our leather wallet with the “Basic Evolution” design concept uses Redmoon’s exclusively produced Aged Saddle Leather. Elevating the wallet from a smaller role, to the focus our fashion design.
The one and only brand produced by our founder Keiichiro Goto.
He is a pioneer of the industry who pushed up leather purse cases from supporting characters in fashion scenes to main actors that shine in hip pockets of jeans.
He named his products “leather wallet” and shipped them to the world under a new concept “basic with evolutions”.
He also proposed “Saddle Leather” product with aging effects to add extra values on to Japan-made original natural leather.
His masterpiece includes the revolutionary model “HR-01”, which became a new standard in the industry, and the deerskin one-piece model “Deer Skin Shirt”.

Every single item of our products is proudly hand-made in Japan using our original leather and process under the responsibility of our young craftworkers.


img

It is a mirror representing the lifestyle of the user, it becomes the only one of myself only

Saddle leather is a material tanned using steahide (bull's leather) with vegetable tanning agent.
Since saddle leather requires several months of process to build up, it can not be mass produced and can be said to be a precious leather.
REDMOON is the most popular material, and many people may know that.
The natural color is also famous for its aging color change over time.
Red moon brand Saddle leather is particularly popular among leather products. Originally "leather saddle" type does not exist.
Because the founder Keiichiro Goto named "leather used for horse saddle" as "saddle leather". Leather such as "Saddle leather" is important material as much.

There are various attractions of saddle leather. It is robust at the beginning, but it changes to a supple texture with supple for every use.

Not only that, but also the color changes.

The change also varies depending on how you use the user, but when you use it for a long time it changes to deep candy.
In addition, wallet polished by wearing and friction releases a distinctive luster.

In terms of how to use the user, the wallet that has been used for many years is a mirror that represents the lifestyle of the user, and it is that it becomes the one and only one of yourself. (Left Bottom: 5 Years Used Right Top 3 Months Used)


img

Red Moon brand products will be completed by incomplete product users at the time of sale

There is not only color.
The shape also changes. When the user always puts the wallet in the pocket, the tension is applied to the wallet when sitting.
Also, the wallet will be molded by the contents etc.

This is because it is an original saddle leather which was developed in collaboration with Tanner.
The cheap leather that is overflowing in the streets will collapse and you will not be able to withstand long-term use like this.

Wallet that wears for many years becomes "original" of only user with color and shape.
Founder Keiichiro Goto says, "Red Moon brand products are incomplete products at the time of sale."

The meaning is that for the first time, the user becomes "finished product" by using it for a long time.

img






img


img

REDMOON saddle leather "tan" "skin" sticking to the raw skin
REDMOON Saddle leather raw leather (not processed such as tanning, peeled off from cow) are all using North American production.

Because the raw rind from North America, the thickness of the leather is moderate, the quality is uniform.

In addition, there is insistence on the purchase time, and in order to maintain the quality, we mainly use the raw rind which we purchased around autumn.
It is costly because it is purchased at a fixed time in a good condition and stored in a refrigerator, but it is necessary for maintaining quality.

After the raw rind is stored, before the tanning, ingredients such as hair and protein on the surface are removed.
"Peel" which you peeled off from an animal can not be used as it will rot away as it is.
Following the process, I will tame to "leather" that people can use. It is a technology to prevent spoilage by leaving collagen fibers except fat and protein which are the main components of the rawhide of animals.
Origin of tanashi is old, already primitive people were practicing the initial tanning that it immerses the skin in the internal organs of captured animals, the fur of the animals they wear is the only rare material "leather" following the present age It is the first step in history.
They wrapped my body with leather and used it as a bag to put tools.

As a result of the discovery of tannin, people experienced various ways, such as smoking more smoke, soaking in plant tannins, and went through the way that was effective.


img

Overspeed stroke which can be said to be over tan

REDMOON saddle leather striking process will be tamped with over-quality steps that can be said to be excessive tanning.
"Skin" is tanned in a small pool called tannin tank, tannin agent concentration and ph adjusted layer.
This tannin agent is a very expensive medicine, it costs just it, but here, when I go to the next layer by putting my skin on the tannin layer, I am discarding all the tannins.
Why discard expensive tannins? It cleanses the skin before tanning and removes a certain amount of protein, but it will somewhat remain on the leather.
Components such as residual protein are discarded because they are transferred to chemicals in the tannin layer at the stage of being tanned.
This remaining ingredients, etc. will rot when you leave it.
Therefore, repeated use of the remaining tannin ingredients, when leather, has a peculiar smell, putrid smell.
Occasionally there is a misunderstanding that the smell of cheap leather is the original smell of leather, but that is a putrid smell.
In addition, it is not only putting on the tannin layer, but gradually tanned through several tannin layers from the thin layer of tannin agent to the thick layer.
By following this process, the REDMOON saddle leather becomes a material that is superior to ordinary leather nume.
This is derived from the tanner tanning the REDMOON saddle leather originally carrying out the multi-fat tanning.
This process takes about 40 days. In the meantime, "leather" gradually becomes "leather".
Regular leather Nume does not take the process so far. Inexpensive Nume leather, there are even places to use tanning agents repeatedly.

img

Sticking to the last

Why is it natural dry?
It takes a lot of time and space to dry naturally, which is costly.
However, if it is forcibly dried, the leather may crack or the quality may decline, so it takes time to dry naturally.
For dried leather, oil is sprayed using animal oil.
This oil is also adhering, the animal oil being used is the best for REDMOON saddle leather tanned with tannin.
This process is also done twice, not once, and it takes time and effort.
The finished leather is very thick.
Its thickness is around 4.5 mm.
Why use thick leather?
It is due to the quality of the finished leather.
In this way, REDMOON saddle leather is made based on the process which can also be called over quality as Nume leather.

For that reason, the strength is also strong, it will become a saddle leather that changes beautifully over time when used.


REDMOON Trading Post

渋谷区代官山郵便局の2階にて弊社営業が常駐しております。
※不定休ですので大変申し訳ありませんが、ご来店の際は必ずカレンダーをご確認ください。

Please check Daikanyama Show room!!
It is the 2nd floor of Daikanyama post office.


在商品的销售商品,渋谷区代官山电邮电局的二楼,敝社营业也常驻着。

因为是不定期休息,所以非常抱歉,请在店的时候一定要日历日历。

Sales calendar



〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町23-3 代官山郵便局 2F
2nd floor of Daikanyama post office 23-3 Sarugaku-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0033


Tel.+81(0)50-5317-8710






All types of Shop’s merchandise are build-to-order manufacturing. Delivery timeline is from about 1 to 5 weeks after the order. Delivery time may be lagged, because of the characteristics of the merchandise. Upon order, customers are requested to understand that our merchandise is BTO. It is not possible to specify the particular deadline when ordering. Your understanding would be appreciated. We are sorry, but detailed information on delivery time may not be communicated because our merchandise is hand-made. Contact will be made after the merchandise is shipped to Shop.

メンテナンスオイル

レザー製品のメンテナンスには当店で販売しているニーツフットオイルがオススメです。

メンテナンスオイルはこちらからご購入いただけます。

W(幅)265×H(高さ)10mm
170-200mm サイズ調節可

Best Seller